入れ歯治療

入れ歯は何のため?

入れ歯は、歯の欠けた部分を補う、一般的で比較的安価な治療方法です。歯の欠損を放置しておくと、かむ力が残った歯に分散し、過度なダメージを与えることがあります。その力は、残った歯の本数が少なければ、より強くなるのが道理です。健康な歯を守るための「入れ歯」という発想を、ぜひ、取り入れてみてください。

お口に合わない入れ歯は、健康を阻害する?

「痛くて食事ができない」「しゃべり方がおかしくなった」「すぐにずれてしまう」。あなたの入れ歯にこんな症状はありませんか? もし、お心当たりがあるようなら要注意です。合わない入れ歯を使い続けていると、身体に悪い影響が出てきます。

 

例えば、食べ物がうまくかめないと、消化吸収能力が低下してくるでしょう。また、顎のバランスが崩れることで、頭痛や胃痛、肩こり、腰痛などが現れます。それだけではありません。口の周りの筋肉の動きが不自然になるため、顔の表情が変わったり、歯ぐきが炎症を起こしたりするのです。入れ歯を選ぶときは、慎重に行いましょう。

決して、インターネットの情報だけで選ばないでください

入れ歯選びのポイントは、床の厚さ、歯への留め方、素材の柔らかさ、見た目の自然さなどさまざまにあります。患者さんの生活スタイルや食事、あるいはお手入れにどれくらい注意を払えるかなどによって、医師と相談しながら決めていきましょう。

 

実際の諸事情に配慮せず、インターネットの情報だけで判断してしまうのは、大変危険な行為といえます。参考までに素材一覧を載せておきますが、ここで説明している事柄は、一般的な情報に過ぎません。

入れ歯素材一覧

  • 金属床の入れ歯
    プラスチック床に比べ、食べ物の温度がよりダイレクトに伝わります。白金・チタン・コバルトクロムなどの中から、ご希望に合わせて選んでいきましょう。
  • コンフォートデンチャー
    全体に生体用シリコンを使った、柔らかくて痛みの少ない入れ歯です。

入れ歯の痛みについて

入れ歯が長期使用によってゆがんできたり、お口の形が年齢と共に変わってきたりすることで、痛みを生じさせることがあります。当院では、まず応急処置で痛みを取り去ってから、新規作製か修理かを決めていきます。安心してご相談ください。

入れ歯ができるまでの期間

一般的には半月くらいの期間が必要です。以下に流れを説明しておきます。

1. お口の型取り

 

2. 仮の入れ歯でかみ合わせの確認

 

3. 微調整

 

4. 本番・完成

 

他の治療との比較

インプラント

人工の歯を顎の骨に埋め込む治療方法です。入れ歯に比べて高額なのと、一定の施術リスクが生じます。

ブリッジ

隣接した歯と歯の間に「橋」をかけるような欠損補てつの方法です。ブリッジの留め具をはめるため、健康な歯の一部を削る場合があります。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、世田谷区砧にある
照屋歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_03-3415-0648.png