トップへ » 院長紹介 » 障がい者治療や救命救急で社会貢献

障がい者治療や救命救急で社会貢献

障害者治療や救命救急で社会貢献私はこうして歯科医になれたのですから、診療時間以外にも、地域のみなさまのためにお役に立ちたいと思っています。

世田谷区の歯科医師会では、障がいを抱えている方のための治療を行っています。実は、私も歯科医師会のメンバーの一人として、障がい者治療を担当しているんです。
このセンターでは、脳性麻痺やてんかんなどの疾患がある方や、知的障害などのために一般の歯科医では治療が難しい方のために、診察や口腔内の衛生指導などを行っているんです。

また、以前から救命救急に関心があり、いずれ歯の救命救急に関わりたいと思っていました。ようやく念願かない、つい数か月前に先輩から「歯医者の救命救急をやってみないか?」という連絡があり、仲間に加えていただいたんです。まだ研修中の身ですが、今ではAED(自動体外式除細動器)を使いこなせるようになったんですよ!
現在、このAEDを使いこなせる医療関係者を指導するインストラクターの資格取得を目指しております。

今後も障がい者治療や救命救急などの活動を通じ、患者さんや周囲の方の身に何かあったとき、いざというときにお役に立てればと思っています。


トップへ » 院長紹介 » 障がい者治療や救命救急で社会貢献


コールバック予約