トップへ » 院長紹介 » 歯の健康に関するコラム » 歯ブラシは自分にあったものを

歯ブラシは自分にあったものを

歯ブラシは自分にあったものを歯みがきで大切なのはまず自分に適した歯ブラシを選ぶことです。口のサイズに合わないものや歯ぐきの状態に合わないものはかえって歯の状態を悪くすることがあります。当医院ではGC社より、発売されております。「ルシェロ」を患者様にお勧めしています。特色として、以下の3つのポイントに優れているからです。

奥歯の奥まで磨ける形状
歯ブラシの先端が、奥の奥まで入るように歯列(歯並び)のカーブに合ったネックの歯ブラシを選ぶのが良いでしょう。ネックが自然と奥歯に入り、清掃しやすい。

歯と歯の間まで磨ける植毛デザイン
歯と歯の間の隙間やでこぼこにまで歯ブラシがしっかり入り込み、効率良く磨けるように「長い毛」と「短い毛」をラウンドカットで混合した段差植毛の植毛デザインをお勧めします。先端の長い毛が歯と歯肉の隙間に入り込んで汚れをかき出します。

ブラシを当てる力加減
「ルシェロ」歯ブラシを最も効果的に使うためには、正しい歯ブラシ圧で歯みがきを行いましょう。正しいブラッシング圧で歯ブラシの毛全体を歯面に当て、1cm~2cmくらいの幅で横に動かし磨きます。特に「奥歯の奥」や「歯と歯の間」を意識して磨きましょう。
*歯ブラシ:株式会社シージーシー


トップへ » 院長紹介 » 歯の健康に関するコラム » 歯ブラシは自分にあったものを


コールバック予約