トップへ » 照屋歯科が選ばれる理由 » 入れ歯治療 » 【金属床義歯】違和感の少ない入れ歯

【金属床義歯】違和感の少ない入れ歯

金属床義歯入れ歯の基礎にあたる部分(歯ぐきに密着する部分・義歯床)に金属を使っています。プラスチック素材に比べ、軽くて丈夫で違和感が少なく、しかも熱伝導が高いので、食べ物の温かさ・冷たさが感じられます。金属の素材には金(白金加工)、チタン、コバルトクロム、ゴールドなどがあり、目的用途に応じ選ぶことができます。

当院では最先端金属の「チタン」を使った「チタン床」をおすすめしています。ただし自費となりますが、保険の入れ歯では満足できないという方に適しています。

「チタン床」とは?
義歯床に金属に変わりチタンを使っています。チタンはロケットや航空機、眼鏡フレームなどにも使われている素材で、最先端金属としても注目を集めています。軽くて強く、耐久性に優れた、使い心地のよい入れ歯です。

チタン床は金属床の中でも最も薄い仕上がりで、抜群の装着感があり違和感もほとんどありません。さらにお口の中が広く感じるので、スムーズに舌を動かすことができます。何より嬉しいのは、食べ物の熱さ・冷たさが伝わり、美味しく食べることができることです。
なお、金属イオンが溶けだしませんので、金属アレルギーのある方でも安心してお使いいただけます。


トップへ » 照屋歯科が選ばれる理由 » 入れ歯治療 » 【金属床義歯】違和感の少ない入れ歯


コールバック予約