トップへ » 照屋歯科が選ばれる理由 » 入れ歯治療 » 心血管疾患による死亡リスクが高まる可能性がある

心血管疾患による死亡リスクが高まる可能性がある

心血管疾患による死亡リスクが高まる可能性がある九州歯科大学の調査によると、合わない入れ歯を使い続けていると、「心血管疾患による死亡リスクが高まる可能性がある」という報告があります。

合わない入れ歯を使っていると、食べ物がうまく咀嚼(噛みくだく)できないため、消化吸収能力が低下してきます。噛み合せが悪くなり、頭痛や胃痛、肩こり、腰痛などが現れます。
それだけではありません。口の回りの筋肉の動きが不自然になるため、顔の表情が変わったり、歯ぐきが炎症を起こしたり、やせ細ってきたりするのです。そう考えると、入れ歯を選ぶときは慎重にならざるを得ないといえると思います。

当院では、患者さんの健康を考慮し、痛みやズレのない入れ歯をご提案しています。あなたに合った快適な入れ歯をお作りしますので、入れ歯でお悩みの方は、ぜひ一度、ご相談ください。


トップへ » 照屋歯科が選ばれる理由 » 入れ歯治療 » 心血管疾患による死亡リスクが高まる可能性がある


コールバック予約